非難相次ぐバルサのお手本? 日本代表の“美ロッカー”に独紙再脚光 「ロールモデル」

バルサと日本代表のロッカーが"対照例"として話題になっている【写真:Getty Images】
バルサと日本代表のロッカーが"対照例"として話題になっている【写真:Getty Images】

CLスラビア・プラハ戦後のバルサのロッカーはペットボトルやゴミが床・机に散乱

 スペイン1部バルセロナは、現地時間23日に敵地で行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節スラビア・プラハ戦(2-1)後にロッカールームを乱雑に散らかしたまま去ったことで海外メディアやファンから「リスペクトの欠如」などと非難されている。一方で、ドイツメディアはその対照例として、今年開催されたアジアカップでの日本の“美ロッカー”に再脚光。「このロールモデルは素晴らしい」と称えている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 バルセロナは敵地に乗り込んだ一戦で、エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの先制点と相手のオウンゴールで2-1となんとか勝ち点3を手にした。

 苦戦を強いられ、試合後には各ポジションのリーダーたちが議論を交わしたとされているが、その余波なのか、バルセロナの選手たちが去ったロッカールームは想像を絶する状態となっていた。SNS上で拡散された写真では、床や机の至るところにペットボトルや戦術シート、ゴミが散乱。メッシやグリーズマンらの名前のラベルが貼られたボトルはほとんどが口をつけていないか半分残った状態で、シャワーエリアも汚れていた。

 英紙「ザ・サン」は「散乱地獄」と伝え、ファンからは「リスペクトの欠如」と非難が相次ぐなど波紋を呼んでいるが、一方で再び脚光を浴びているのが、今年開催されたアジアカップの決勝でカタールに敗れた後の日本代表のロッカールームだ。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング