北朝鮮が盗聴? 韓国代表DF、“平壌決戦”での奇妙な体験を母国で証言「少し驚いた」

異様な空気で行われた南北対決【写真:Getty Images】
異様な空気で行われた南北対決【写真:Getty Images】

29年ぶりの“平壌決戦”に帯同、クォン・ギョンウォンが韓国メディアに告白

 2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選グループHの北朝鮮と韓国の試合が、15日に平壌の金日成スタジアムで行われた。0-0の引き分けに終わったゲームを巡り、韓国では今も様々な話が飛び交っている。

 平壌開催の“南北対決”は29年ぶりと、歴史的な一戦として注目を集めたが、テレビ中継もなく無観客で行われるなど、前代未聞の事態に見舞われた。そうしたなか、21日に行われたKリーグ第34節の試合後に、北朝鮮戦を振り返る代表選手もいた。

 韓国のサッカー専門サイト「インターフットボール」は、「平壌でのアウェー戦で『盗聴された』と証言したのは、DFクォン・ギョンウォン(全北現代)だった」と、冒頭から衝撃の事実を伝えている。記事のなかでクォン・ギョンウォンは、まず「北朝鮮との試合はとてもいい経験だった。北朝鮮にはいつか一度は行ってみたかった。サッカーの試合で行くことができて、とても感謝している」と語っている。

 だが、問題は次の発言だ。

「自分は正直話しますが、私も盗聴された。とても不思議だった。(ホテルの)部屋でカーテンを開けて、窓を開けて外を見ていたんです。お昼ご飯を食べて戻ったら、カーテンが開かないようになっていたんです。それに少し驚いた」

 この状況についてクォン・ギョンウォンは、より詳しくこう説明している。

「カーテンが開かないようにリングに強くかけられていたんです。自分たちの周りに人がいたのか分からないけれども……。とりあえず、ルームメートの(キム・)ヨングォン先輩とお互いに言葉に気をつけた」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」