「無事に帰れたことが快挙」 韓国エース、“まるで戦争”の北朝鮮戦に本音「非常に危険」

韓国代表FWソン・フンミン【写真:Getty Images】
韓国代表FWソン・フンミン【写真:Getty Images】

“南北対決”に英紙注目 ソン・フンミンも心情吐露「勝てなかったことは残念。ただ…」

 韓国代表は現地時間15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選で北朝鮮代表と対戦。平壌で29年ぶりに実現した“南北対決”はスコアレスドローの痛み分けに終わった。エースFWソン・フンミン(トットナム)は試合後、「無事に帰れたこと自体が大きな快挙」と強調している。英紙「デイリー・メール」が報じている。

 グループHで実現した“南北対決”だが、無観客試合に加え、韓国での試合生中継、韓国報道陣を完全にシャットアウトした異様な措置を施されたことが波紋を呼んでいた。韓国はFWソン・フンミンを筆頭に、FWファン・ウィジョら欧州でも主力として活躍するベストメンバーを送り込んだが、北朝鮮の牙城を最後まで崩すことはできなかった。

 英紙「ザ・サン」は、韓国メンバーは中国からの入国を強制され、北京に携帯電話を置いて行くことを強いられたと伝えていたが、試合後に中国を経由し、韓国へと帰国。大韓サッカー協会の幹部であるチェ・ヨンイル氏は「まるで戦争のような試合だった。今までピッチ上であんなサッカーを見たことがない」と危険なプレーが多発していたことを示唆。また、ソン・フンミンも歴史的一戦を振り返っている。

「勝てなかったことは残念だよ。ただ、試合は非常に危険なものだった。負傷をせず、無事に帰れたこと自体が大きな快挙と言える。北朝鮮の選手は、神経質で攻撃性が強かった。多くの罵声も浴びせられたよ」

 不発に終わったソン・フンミンだが、試合の結果以上に、無事に帰国できたことを一つの成果とするほど、緊迫感と危険性で溢れる試合だった点を強調している。来年の1月には韓国のホームで同カードの再戦が行われるが、海外メディアも注目するほど、今回の“南北対決”は異様な一戦となったことは確かだろう。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング