「衝撃的なチップキック」 C・ロナウド、“無慈悲ループ弾”に英騒然「止める術がない」

ポルトガル代表FWロナウド【写真:AP】
ポルトガル代表FWロナウド【写真:AP】

ルクセンブルク戦で華麗なゴラッソを決めたロナウド 「非現実的なスキルと冷酷なフィニッシュ精度」

 ポルトガル代表は現地時間11日、欧州選手権(EURO)2020予選第7節でルクセンブルク代表と対戦し、3-0の快勝を収めた。この日エースのFWクリスティアーノ・ロナウドが華麗なループ弾を決め勝利に貢献したが、英メディアは「衝撃のチップキック」「無慈悲なパフォーマンス」と称賛の言葉を送っている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 グループBで首位に立つウクライナを追走するポルトガルはホームにルクセンブルクを迎え、前半16分にMFベルナルド・シウバがゴール前のこぼれ球を押し込み幸先良く先制点を奪うことに成功する。そして、1-0で迎えた後半20分、絶対的エースがレベルの違いを見せつけるゴラッソを披露する。

 守備陣でポゼッションを高めるルクセンブルクに対し、最終ラインにパスが渡った瞬間、ロナウドが猛スピードでプレッシングをかけ、インターセプトでボールを奪うと、一気にゴール前へと運ぶ。相手GKが前に出たことを冷静に見極め、右足のチップキップを選択して、綺麗な弧を描くループシュートで無人のゴールへと流し込んだ。

 このゴラッソを受け、ポルトガルサッカー連盟は公式インスタグラムで「魔法のタッチだ、クリスティアーノ」と文章を添え、ゴールシーンを動画で公開。英メディア「スポーツ・バイブル」は「衝撃のチップキック」と表現すると、英メディア「GIVE ME SPORT」はロナウドの貫禄の活躍に「通常通り無慈悲なパフォーマンス」と指摘している。

 様々なシュートバリエーションを備えるロナウドについて「シンプルに止める術がない」と綴り、「非現実的なスキルと冷酷なフィニッシュ精度」と惜しみない賛辞を送っている。この日の得点でクラブと代表合わせて通算699ゴールとなったが、34歳のロナウドは一切の衰えを知らないようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も