堂安、久保、伊東…激化する「右サイドハーフ争い」 モンゴル戦に見えた森保Jの変化とは?

日本代表MF久保建英、MF堂安律、MF伊藤純也【写真:Getty Images】
日本代表MF久保建英、MF堂安律、MF伊藤純也【写真:Getty Images】

試合開始直後から徹底していたサイド攻撃

 日本代表は10日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のモンゴル戦(埼玉)に6-0で快勝した。3戦連発のMF南野拓実(ザルツブルク)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、10年ぶり弾のDF長友佑都(ガラタサライ)、FW永井謙佑(FC東京)がゴールするなか、MF遠藤航(シュツットガルト)、FW鎌田大地(フランクフルト)が代表初得点。右サイドに起用されたMF伊東純也(ヘンク)は3アシストと大活躍した。引かれた相手に対して“サイド攻め”で好機を作り続けての大量得点。今、森保ジャパンに起きている“変化”に注目した。

 W杯予選のホーム初戦。エースFW大迫勇也(ブレーメン)が負傷で不在となった一戦は、怒涛のシュート攻勢から始まった。開始2分、DF酒井宏樹(マルセイユ)の右クロスに永井が飛び出してチャンスを作る。これはオフサイドとなったが、同4分、またもや酒井のクロスに今度は南野が反応。左足を伸ばすも、惜しくも合わなかった。同10分には伊東が右サイドをドリブル突破。同12分には、酒井と伊東の連係で前線へと駆け上がった。その2分後には南野が右サイドでドリブルを仕掛けて、中央の永井へ。試合開始から15分間で、「これでもか」というほど右サイド攻めを徹底した。

 この日は、森保ジャパン立ち上げ当初から2列目を形成してきた“三銃士”MF中島翔哉(ポルト)、南野、MF堂安律(PSV)ではなく、右MFに伊東を起用。日本のFIFAランク31位に対して、モンゴルは同183位と格下のため、相手は試合前から「保守的に戦う」とブロックを作って守備を固めることを宣言していた。実際、「相手のスタイルに合わせて選手を選ぶ」と話していたミヒャエル・ワイス監督はDF登録の6人を先発させ、フィールドプレーヤー全員が自陣で守る状態だった。

 大人数で網を張る相手に対して、サイドを使い、網の目を緩めていく。森保一監督は試合後に、「モンゴルがこれまでの日本代表を分析して堅い守備をしてきた。中央を固められた時にサイドにスペースが出てきて、そこを選手たちが試合の流れや状況を考えて、攻撃を仕掛けてくれた」と説明。徹底してサイド攻撃した理由を明かした。

 昨年9月に発足し、1年が経った森保ジャパン。初めての“壁”は今年1月のアジアカップだった。昨年の国際親善試合5連戦では、強豪ウルグアイ相手にも4-3で競り勝つなど、攻撃陣が躍動し4勝1分。中央にパスを入れて大迫が収め、2列目の“三銃士”が伸び伸びとプレーした。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「めちゃかっこいい」 J1鳥栖“限定スニーカー”デザインに絶賛の声、NB社とコラボの1足「配色かわいい」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」