「ミャンマー戦も実はやろうと…」 森保監督、モンゴル&タジキスタン戦で“秘策”実行も?

森保監督が見据える“変化”とは?【写真:Getty Images】
森保監督が見据える“変化”とは?【写真:Getty Images】

6月のエルサルバドル戦で試した3バックをオプションに据えるか

 日本代表は7日、さいたま市内で10日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選モンゴル戦(埼玉)と15日に敵地で臨むタジキスタン戦に向けて合宿を開始した。国内組3人と海外組10人の計13人が参加し、練習終了後にはMF久保建英(マジョルカ)が合流。練習前に地元の小学生とミニゲームで交流し、トレーニングは約30分間ランニングとストレッチで調整する軽めのメニューだった。森保監督は短い練習期間のなかで、負けられない2試合において“変化”を加える意向があることを明かした。

 練習後の取材エリアで立ち止まった指揮官は、いつも以上に熱を込めて今回の合宿における目的を話した。これまで絶対的エースとしてチームを支えたFW大迫勇也(ブレーメン)が不在。それでも、立ち上がり当初から作り上げてきた基盤を一段階上げるために“変化”を加えるという。

「今回メンバーをもう少しバリエーションを増やして使ったり、フォーメーションも含めて幅を広げることは考えています。やるかどうかは別にして選択肢として考えられることはいろいろ考えています。実際その試合に向けて何を選択するかということは、変わらないかもしれない。変わらないにしても(W杯予選初戦の9月)ミャンマー戦までにいろいろなことを考えるというのを個人として自分自身もやっていますし、コーチ陣とディスカッションしながら選手のコンディション等々をスタッフで話して試合には向かっています」

 9月、W杯予選初戦となったミャンマー戦(2-0)は敵地で白星スタートを切った。負けられない戦いを迎えるにあたっての“準備”として顕著だったのが、6月9日の国際親善試合エルサルバドル戦(2-0)だ。これまでの基盤だった4バックではなく、3度優勝を飾ったサンフレッチェ広島時代に慣れ親しんだ3バックをスタートから選択。今回も3バックをオプションとして採用する可能性はあるようだ。

「ミャンマー戦も実はやろうと思っていましたし、そこはいろんなことをバリエーションというか考えながらその時にできることを選択していきたい」

 大迫不在のなか、代表復帰したFW浅野拓磨(パルチザン)やFW鎌田大地(フランクフルト)ら攻撃陣の起用法も鍵。森保監督の采配にも注目が集まる一戦となりそうだ。

(FOOTBALL ZONE編集部・小杉 舞 / Mai Kosugi)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  10. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」