C・ロナウド、DF無力化のドリブル&バー直撃砲に海外注目 「他の世界の動きを止める」

エースのC・ロナウド【写真:Getty Images】
エースのC・ロナウド【写真:Getty Images】

インテル戦でゴディン、デ・フライを簡単にかわし、クロスバー直撃のシュートを放つ

 ユベントスは現地時間6日、セリエA第7節で行われたインテルとの“イタリア・ダービー”で2-1と勝利した。エースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは結果的にノーゴールに終わったが、序盤の強烈なクロスバー直撃シュートが「魔法のような瞬間」「他の世界の動きを止める」と海外メディアでも注目されている。

 アウェーのユベントス前半4分、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチの縦パスに抜け出したアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが、相手マークに付かれながらも左足を強烈に振り抜いて電光石火の先制点を奪った。

 さらに前半9分、最終ラインからのロングボールに抜け出したロナウドが左サイドからカットイン。インテルのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンをあっさりとかわすと、シュートコースを塞いで体を張ったオランダ代表DFステファン・デ・フライもフェイントで置き去りにして右足を一閃。背後からのイタリア代表MFステファノ・センシのタックルも追いつかないスピードで放たれた強烈なシュートは、惜しくもクロスバーを叩き、ロナウドも思わず頭を抱えた。

 英メディア「CaughtOffside」は圧巻の個人技に対し、「ゴールはならなかったが、ランとシュートは素晴らしい。ディフェンスとキーパーは完全にやられていた。残念ながらシュートが素晴らしいソロゴールから数インチずれていた。偉大な男の魔法のような瞬間」とレポート。ポルトガルメディア「Notícias ao Minuto」も、「ロナウドが他の世界の動きを止める」と称賛しつつ、「最良の形で終わらなかった」とゴールには一歩及ばなかったことを伝えている。

 前半41分にアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラとの連係でネットを揺らすも、ディバラがオフサイドだったとしてノーゴールの判定となり、この日は無得点に終わったロナウド。それでも、そのプレーはイタリア・ダービーの中でひと際目を引いていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング