鳥栖の“疑惑ゴール”、物議醸す判定にスペイン紙注目 「論争を巻き起こすシーン」

鳥栖の“疑惑ゴール”にスペインメディアも注目(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
鳥栖の“疑惑ゴール”にスペインメディアも注目(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

首位FC東京を破る後半AT弾も… オフサイド→ハンド→オフサイドの疑念

 J1リーグは5日、各地で第28節が行われ、前節終了時点で首位のFC東京が16位サガン鳥栖のホーム、駅前不動産スタジアムに乗り込んだ。ホームの鳥栖が2-1と勝利したなか、決勝点の生まれたシーンが物議を醸し、海外メディアも取り上げている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 試合は0-0で折り返した後半4分、FC東京は右CKのキッカーを務めたMF三田啓貴が左足で蹴ったボールが、直接ゴールに吸い込まれ先制に成功。しかし、試合終盤に入るとJ1残留のために負けられない鳥栖が猛反撃を開始する。

 後半41分、右サイドからのクロスをFW金崎夢生がヘディングで合わせると、相手DFに当たって跳ね返ったところをFW豊田陽平が左足ボレーで押し込み、鳥栖が1-1の同点に追いついた。

 問題のシーンが生まれたのは、後半アディショナルタイム5分だった。ほぼラストプレーのタイミングで、鳥栖は敵陣左サイドでFKを獲得。キッカーのFW小野裕二が右足でクロスを送ると、ファーサイドに走り込んだDF高橋秀人がヘディングで折り返す。ボールはゴール前に走り込んだ豊田に当たり、最後はこぼれ球をMF金井貢史が押し込み、劇的な決勝ゴールが生まれた。

 しかし、映像で確認すると、高橋秀がヘディングで折り返した時点で豊田も金井もオフサイドポジションにいたようにも見え、ボールは豊田の腹部付近を直撃した後、伸ばしていた左腕に当たっていた。さらに、豊田にボールが当たったタイミングでの金井もやはりオフサイドポジションに位置しているように見える。

 主審にとっては目視の難しいシーンだったこともあり、FC東京の選手たちは主に副審に猛抗議したものの、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)未採用の現状では判定が覆ることもなく、1-2で無念の敗戦を喫した。

 スペイン紙「AS」も疑惑のシーンを動画付きで報じ、「サガン鳥栖の論争を巻き起こすシーン:ハンドとオフサイドによって生まれたゴール」と綴っている。今後もしばらく議論を巻き起こすワンシーンとなりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も