不滅のイブラヒモビッチ、EURO史に残る“曲芸バックヒール弾”に再脚光 「キング」

イブラヒモビッチはEURO2004で伝説的なゴールを決めた【写真:Getty Images】
イブラヒモビッチはEURO2004で伝説的なゴールを決めた【写真:Getty Images】

2004年のEUROイタリア戦で決めた伝説の一撃を、大会公式SNSが回顧

 元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは3日、38歳の誕生日を迎えた。これまで在籍したクラブなどが、それぞれの公式SNSで祝福の投稿を行っているなか、「EURO2020」公式インスタグラムは2004年大会でイブラヒモビッチが決めたアクロバティックなバックヒール弾の動画を公開。ファンからの反響を呼んでいる。

 母国のマルメで1999年にデビューしたイブラヒモビッチは、その後オランダの名門アヤックスを足がかりにイタリアのユベントスとインテル、スペインのバルセロナ、再びイタリアに戻ってACミラン、フランスのパリ・サンジェルマン(PSG)、イングランドのマンチェスター・ユナイテッドと各国の名門クラブを渡り歩き、“優勝請負人”として数々のタイトルをもたらしてきた。

 2018年にMLS(メジャーリーグサッカー)のLAギャラクシーに移籍すると、1年目で27試合20得点とゴールを量産。今季も28試合29得点とキャリアハイの得点率を叩き出しており、38歳となった今も衰えを見せていない。

 そんなイブラヒモビッチは“得点力”だけでなく、これまで多くの“規格外”と言えるゴールを決めてきたことで知られる。その代表格と言えるのが、幼少期に習ったテコンドーの技術を生かし、ハイボールをアクロバティックなキックで捉える一撃だが、「EURO2020」公式インスタグラムは2004年の欧州選手権(EURO)ポルトガル大会で生まれた伝説のゴールを回顧している。

 今も語り継がれるゴールが生まれたのは、2004年6月18日に行われたグループリーグ第2戦のイタリア対スウェーデンの一戦だった。1点を追うスウェーデンは後半40分、左CKからペナルティーエリア内でヘディング、右足キック、ヘディングと相手と競り合いながらつなぐと、ボールがゴール前で高くワンバウンド。これをイタリアのGKジャンルイジ・ブッフォンがキャッチしようと前に出るが、一瞬早くイブラヒモビッチが落下地点に入ると、ブッフォンをブロックするようにジャンプして体を捻りながら、右足のバックヒールでシュートを放つ。ボールは絶妙なループシュートとなってゴール左上隅に吸い込まれた。この試合を1-1で終えたことで、スウェーデンはベスト8進出。一方のイタリアはグループリーグ敗退に終わったことで、両国の明暗を分ける一撃となった。

「偉大なゴールの得点者」との一文が添えられて動画が公開されると、コメント欄には「スウェーデンの王様」「ライオン」「ズラタンのみ!!」「最高」「素晴らしいゴール」などの声が上がった。

 当時まだ22歳だった長身ストライカーは、その後偉大なキャリアを歩んで現在に至る。38歳となった今も輝きを失わないイブラヒモビッチは、今後も観る者を驚かせるゴールを決めてくれそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」

  10. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】