4戦4発のエース大迫、好調支える2つの要因 「特長を出せるシステム」と中心選手の自覚

日本代表FW大迫【写真:Noriko NAGANO】
日本代表FW大迫【写真:Noriko NAGANO】

「『結果を出さないと』という責任感も強いし、それが良いモチベーションになっている」

 日本代表は5日、キリンチャレンジカップ2019でパラグアイ代表との対戦を控えている。日本代表FW大迫勇也(ブレーメン)は前日練習後、今季ここまでクラブで4戦4発と絶好調の要因について、ブレーメンが「自分の特長を出せるシステムを採用してくれている」と、信頼を置かれていることで本領が発揮できていると明かした。

 10日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選・ミャンマー戦(ヤンゴン)に向け、パラグアイ戦は重要なテストマッチとなる。現在の代表でエースを務めるのは大迫だが、前回のW杯予選では1ゴールのみにとどまっていた事実を伝えられると、「あ、そうなんですね?」と自身のことながら意外そうな表情を浮かべ、「じゃあ、頑張りますね!」と笑顔を見せた。

「しっかりと結果を出していかないといけないという責任感はあるし、そこは自分自身にプレッシャーをかけながらやるだけ」と意気込んだ一方で、今季ブレーメンでは好調なスタートダッシュを切っていることについて尋ねられると、中心選手に据えられていることによる“やりやすさ”と“責任感”を要因に挙げている。

「チームでは本当に中心選手としてプレーさせてもらっているので、自分に重圧をかけながら毎試合臨んでいる。監督にもやりたいようにやらせてもらっているし、しっかりと自分の特長を出せるシステムを採用してくれているので、そこが大きい。だからこそ『結果を出さないと』という責任感も強いし、それが良いモチベーションになって、やっていて楽しい」

 大迫は今季公式戦で4試合4ゴールの活躍を披露。ブレーメンは、昨季までセンターFWを務めていたFWマックス・クルーゼが今夏にフェネルバフチェへと移籍したことで、それまでサイドで起用されることが多かった大迫を中心に据えるチーム作りに舵を切った。現時点では、その起用が大当たりとなっている。好調を維持して帰国した大迫は、パラグアイにとって最大の脅威となりそうだ。

【PR】2019-2020シーズンのプレミアリーグが見られるのはDAZNだけ!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部・城福達也 / Tatsuya Jofuku)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング