現地評価が高まる鎌田、ドイツの“強度”にもアジャスト 「いろいろな可能性が未来にある」

フランクフルトで続ける充実のチャレンジ 「ポジションを勝ち取っていかないと…」

「今年は飛躍の年になりそう」と感じる手応えを大切に、フランクフルトで出場し続けるという大きなチャレンジと向き合っている。

「このチームで試合に出ていることは、すごくいろいろな可能性が未来にはあると思う。このチーム自体も今、ドイツですごく大きいクラブになってきているし、ファンもこれだけ熱くて。このチームで試合に出ることが大事だと思う。本当にポジションを勝ち取っていかないとダメだなと思います」

 期間限定の活躍で終わるつもりはない。過密日程で潰れるつもりもない。一つひとつの試合、一つひとつのプレーを大切にしながら、鎌田は充実したチャレンジを続けていく。


(中野吉之伴 / Kichinosuke Nakano)

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング