現地評価が高まる鎌田、ドイツの“強度”にもアジャスト 「いろいろな可能性が未来にある」

フランクフルトのMF鎌田大地【写真:Getty Images】
フランクフルトのMF鎌田大地【写真:Getty Images】

ELプレーオフのストラスブール戦で1アシスト、フランクフルトの本戦出場に貢献

 プレシーズンで活躍した選手は、ブンデスリーガ開幕前に「今季ブレイクを果たしそうな注目選手」として地元メディアで取り上げられる。だが、いざリーグ戦が始まると、目に見えて激しさの増すプレッシャーとストレスのなか、自身のパフォーマンスを存分に発揮することができずに、気が付くとスタメンから名前がなくなるというケースが珍しくない。厳しい世界だ。

 そうしたなか、順調に評価を高めているのがフランクフルトのMF鎌田大地だ。ここまで公式戦のほとんどでスタメン起用され、試合を重ねるごとに存在感は確実に増している。現地時間8月29日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)本戦出場権を獲得したストラスブール(フランス)とのプレーオフ第2戦(3-0/2戦合計3-1)でも、好プレーを随所で披露し、ファンからも多くの拍手を受けていた。

 この試合、2戦合計での逆転ゴールとなった後半15分のMFフィリップ・コスティッチの直接FKを獲得したのは鎌田だった。ペナルティーエリアすぐ外でボールを引き出すと、柔らかな身のこなしで後ろからチャージに来る相手DFをかわし、ファウルをもらった。

 そして6分後には、貴重なチーム3点目をアシスト。ペナルティーエリア内左サイドでパスを受け、スムーズに前を向き縦方向へのドリブル突破で相手DFの一歩前に出ると、正確なゴール前への折り返しでDFダニー・ダ・コスタのゴールを演出した。ボールを持った時だけではなく、何度もタイミング良く相手サイドバック裏のスペースに走りこんで起点を作ったり、前に急ぎがちになっていた攻撃にタメをもたらしたり、守備でも休むことなく相手にプレスをかけ続けていた。

 鎌田は18日のブンデスリーガ開幕戦ホッフェンハイム戦(1-0)後に、ドイツにおけるプレー強度の高さを改めて感じた一方、試合を重ねていけば慣れていくことができると話していたが、実際にこの10日あまりでアジャストしてきている。


page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング