久保建英、レアルB開幕前最後のテストマッチに帯同 先発出場で加入後初ゴールなるか

カスティージャでの出場が見込まれる久保建英【写真:Yukihito Taguchi】
カスティージャでの出場が見込まれる久保建英【写真:Yukihito Taguchi】

14日のレオネサ戦では右MFとして何度もチャンスを創出 開幕前最後の試合に臨む

 レアル・マドリードBのカスティージャは、現地時間18日に同じ3部所属のブルゴスCFと親善試合を行う。トップチームの公式ツイッター日本語版は、日本代表MF久保建英が遠征のバスに乗り込む様子を公開しており、カスティージャでの試合出場に期待が懸かる。

 トップチームの北米遠征、ドイツ遠征に帯同した久保は、インターナショナル・チャンピオンズカップ、アウディカップで計4試合に途中出場。その後は、トップチームの練習とカスティージャの試合を兼任する形で調整を進めてきた。

 14日に行われた3部クルトゥラル・レオネサとのテストマッチには右MFとしてフル出場。0-3と完敗を喫するなか、緩急をつけたドリブルや股抜きで相手を手玉にとり、何度もチャンスを作った。

 カスティージャは18日、ラス・ロサスとの開幕戦(25日)前最後のテストマッチとなるブルゴス戦を実施予定。レアル公式ツイッター日本語版は、「#ラウール率いる#レアル・マドリード・カスティージャは、プレシーズン最後の親善試合に臨むためブルゴスへ出発しました!」と動画を公開。久保もモロッコ出身の20歳MFアヨブと会話を交わしながらバスに乗り込む様子が捉えられており、遠征メンバーに名を連ねているようだ。

 プレシーズンで同じくトップチームに帯同してきた18歳のブラジル人FWロドリゴが、14日に右足大腿直筋の負傷で離脱。久保はブルゴス戦に出場し、レオネサ戦に続いてアピールできるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング