C・ロナウド、自身が語る“永遠のライバル”メッシとの違いは? 「僕は異なるクラブで…」

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

インタビューで見解述べる 「メッシもまた年々成長している」

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)やイタリア・セリエAの中継を行う「DAZN」のロングインタビューを受けたことが告知されている。そのメイキング映像が一部公開され、「サッカー界に歴史を作りたい」とコメントしていることを、イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」が報じている。

 ロナウドは、永遠の比較対象となっているスペインの強豪バルセロナのエース、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの違いについて、自身の見解をこう話している。

「僕とメッシの違いで言えば、僕は異なるクラブでプレーをしていて、異なるクラブでCLを優勝していること。CLでは6年連続で得点王になることができた。CLを5回優勝している選手はほとんどいないと思うし、この大会は自分のアイデンティティーになっている。メッシもまた年々成長しているし、バロンドールだけで人々の記憶に残っているわけではない」

 ロナウドはマンチェスター・ユナイテッド時代に1度、レアル・マドリード時代に4度のCL制覇を経験。CL得点王には2012年から6季連続で輝いた。昨年のバロンドールこそ、レアル・マドリードのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが獲得したが、2008年から10年にわたってメッシとロナウドが独占してきた。まさに、世界一のサッカー選手は誰かという問いを世界中に投げかけ、その期待に応えてきた2人とも言えるだろう。

 そしてロナウドは自身のキャリアについて、「僕は毎日、お金を稼ぐことではなく、目標に向かって何かを得ようとトレーニングを積んでいる。神のおかげでお金に困らなくなった。サッカー界に歴史を作りたい」と話した。

 ロナウドは1996年以来の欧州制覇を目指すイタリア王者ユベントスで2シーズン目を迎える。自身がメッシとの違いと話すCLの舞台で、3クラブ目の優勝を果たすことができるだろうか。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング