ユーベFWイグアイン、放出から一転残留? ローマの獲得オファーに拒否の構え

行く先が不透明なユベントスFWゴンサロ・イグアイン【写真:Getty Images】
行く先が不透明なユベントスFWゴンサロ・イグアイン【写真:Getty Images】

チェルシーが買い取りオプション行使せず ユベントスは放出を望み状況は複雑化

 ユベントスのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインは、獲得を狙うローマに対して「ノー」の姿勢を固めているという。イタリア紙「トゥット・スポルト」が報じている。

 イグアインは昨季にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを獲得したユベントスで存在が宙に浮き、ACミランへと期限付き移籍をした。しかし、ミランは買い取りオプションを行使しないことを決め、冬の移籍市場ではプレミアリーグのチェルシーへ期限付き移籍したが、チェルシーも買い取りオプションを行使しなかった。

 その結果、保有権はユベントスに戻り、イグアインはプレシーズンマッチなどで出場機会を得ている。もっとも、獲得を望むローマの存在もあり、移籍市場では放出が既定路線とされてきた。

 ところが、イグアインはローマからの獲得オファーを拒否する構えを固めたという。今季からユベントスで指揮を執るのは、ナポリ時代に指導を受けたマウリツィオ・サッリ監督。イグアインは、自分がどれだけチームに貢献できる存在であるかをアピールすることに集中する意向を示しているようだ。

 ユベントス側はクラブの戦略としてイグアインの放出を望んでいるだけに、状況は複雑になっている。

 ユベントスの攻撃陣では、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラにイングランド・プレミアリーグのトットナムへの移籍話が浮上し、一部では決定的ともされる。また、19歳のイタリア代表FWモイーズ・キーンはエバートンへの移籍が決まった。

 同紙では、イグアインについて「ユーベの控えか、ローマの主人公か」と過去に報じていたが、イグアインは恩師の下で復活を遂げ、ユベントスの幹部を納得させることができるだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング