「世界一クールなPK?」 神戸イニエスタの“リフティング弾”に海外衝撃「2段階で打破」

神戸MFイニエスタ【写真:Noriko NAGANO】
神戸MFイニエスタ【写真:Noriko NAGANO】

本拠地G大阪戦、0-2劣勢のなかでイニエスタPK担当 一度目のキックは失敗も…

 ヴィッセル神戸は2日のJ1リーグ第21節ガンバ大阪戦で2-2と引き分けた。神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタはPKのキックを失敗するも、そのこぼれ球から見事な“リフティング弾”を叩き込み、海外から「史上一クールなPK?」と絶賛されている。 

 先制点はG大阪だった。前半8分、MF矢島慎也が約35メートルのロングパスを送り、抜け出したMF倉田秋が流し込んだ。さらに後半8分、倉田のラストパスから今夏に古巣復帰を果たしたFWパトリックに追加点を奪われた。

 0-2と劣勢の神戸は後半34分、FW古橋亨梧がG大阪MF福田湧矢に倒されてPKを獲得。ここでキッカーを務めたのがイニエスタだ。助走を取ったイニエスタが狙い澄ましてはなったゴール左へのシュートは、相手の日本代表GK東口順昭にコースを読まれて防がれてしまう。

 ところが、東口がはじいたボールがそのまま宙に浮いてペナルティーエリア中央のイニエスタへ渡ると、スペインの名手は相手が周囲から一斉にボール奪取を図るなかで冷静に右足トラップ。そのままリフティングするような形でボールを浮かせると、すぐさま左足を振り抜いてゴールを決めた。

 鮮やかすぎる一撃に神戸の本拠地は沸き立ち、反撃ムードが漂うなかで同39分にはMF増山朝陽が同点のヘディングシュートを叩き込み、最終的に2-2ドローに持ち込んでいる。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング