「冷血と言わないで」 神戸イニエスタ、PK失敗後の“リフティング弾”にスペイン度肝

ヴィッセル神戸MFイニエスタ【写真:Noriko NAGANO】
ヴィッセル神戸MFイニエスタ【写真:Noriko NAGANO】

第21節G大阪戦、イニエスタの一撃にスペイン各紙が一斉に反応

 ヴィッセル神戸は2日のJ1リーグ第21節ガンバ大阪戦で2-2と引き分けた。2点を追いかけるなか、神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが反撃の狼煙となるゴールを決めたが、PK失敗からの鮮やかなリフティング弾が脚光を浴びており、スペイン紙は「冷血と言わないで」「イニエスタはイニエスタ」と賛辞を送っている。

 先制点を奪ったのはアウェーのG大阪だった。前半8分、MF矢島慎也が約35メートルのロングパスを前方に送り、抜け出したMF倉田秋が先制ゴール。さらに後半8分、倉田のパスから今夏に古巣へ復帰を果たしたブラジル人FWパトリックに追加点を奪われた。

 2点ビハインドの神戸が反撃に打って出るなか、後半34分にFW古橋亨梧がエリア内でG大阪MF福田湧矢に倒されてPKを獲得。キッカーを務めたイニエスタはゴール左に強めのシュートを放ったが、G大阪の日本代表GK東口順昭が見事な反応でストップ。神戸のチャンスが潰えたかに思われた。

 ところが、東口がはじいたボールは、そのまま宙に浮いてペナルティーエリア中央のイニエスタの元へ。周囲からG大阪の選手が一斉に襲い掛かるなか、名手は冷静に右足でトラップすると、素早く左足を一閃。華麗にネットを揺らした。

 試合は後半同39分、神戸DF西大伍のクロスからMF増山朝陽がヘディングで同点ゴールを奪い、最終的に2-2ドローに終わっている。

 スペインの英雄が決めた一撃に母国紙が一斉に反応。スペイン紙「マルカ」は「冷血と言わないで:日本を襲ったPK」とイニエスタの巧みな一撃を伝えれば、スペイン紙「AS」も「あんなPK失敗の後、他の人なら足が震えていただろう。しかし、イニエスタはイニエスタだった。彼は自身のPK失敗後に決めた。落ち着き払い、右足でコントロールし、左足で仕留めた」と称えている。

 PK失敗の直後、冷静沈着にリフティングして決めたイニエスタの姿に母国メディアも度肝を抜かれたようだ。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング