「圧倒的テクニック」 レアル久保、3人翻弄の「急激な方向転換ステップ」に海外驚愕

レアル・マドリードMF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】
レアル・マドリードMF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】

フェネルバフチェ戦、途中出場の久保が相手3人に囲まれながらも軽やかに打開

 レアル・マドリードは現地時間7月31日にアウディカップ3位決定戦でフェネルバフチェと対戦し、5-3と勝利した。日本代表MF久保建英は後半28分から途中出場したなか、相手3人を置き去りにした「急激な方向転換ステップ」を海外メディアが称賛している。

 前半6分に先制されたレアルだが、元フランス代表FWカリム・ベンゼマが同12分、27分にゴールを決めて逆転に成功。同35分に被弾して2-2で前半を終えたが、後半にベンゼマが3点目を決めてハットトリックを達成すると、スペイン代表DFナチョ・フェルナンデスの一撃でレアルが4-3とリードした。

 そのなかで迎えた後半28分、久保はクロアチア代表MFルカ・モドリッチらとともに途中出場。前日の準決勝トットナム戦(0-1)は右サイドで起用されたが、この日はトップ下に入った。直後の後半32分に絶妙なスルーパスを送り、スペイン代表FWルーカス・バスケスのシュートチャンスを演出。さらに同34分には久保が囮となってスペースを作り、その流れからドミニカ共和国代表FWマリアーノ・ディアスが追加点を奪った。

 そんな久保が同40分に魅せる。右サイドのスローインから後方のモドリッチにボールを戻すと、ダイレクトのリターンパスを受けた久保はドリブルを開始。エリア内に侵入しようとした瞬間、相手3人に囲まれるも、左足でくいっとボールを引いて方向転換し、軽やかなステップで包囲網を脱出した。久保は冷静に横パスを送り、走り込んだモドリッチがシュートを放つも、相手GKの好セーブに阻まれている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング