レアル久保が3人翻弄フェイント披露! モドリッチと「華麗パスワーク」シーンに注目

レアル・マドリードの日本代表MF久保建英、クロアチア代表MFモドリッチ【写真:Getty Images】
レアル・マドリードの日本代表MF久保建英、クロアチア代表MFモドリッチ【写真:Getty Images】

フェネルバフチェ戦の後半28分から途中出場の久保とモドリッチが好連係

 レアル・マドリードは現地時間7月31日にアウディカップ3位決定戦でフェネルバフチェと対戦し、5-3と勝利した。日本代表MF久保建英は後半28分から途中出場したなか、クロアチア代表MFルカ・モドリッチとの「華麗パスワーク」に注目が集まっている。

 序盤はフェネルバフチェにペースを握られ、前半6分に先制されたレアルだが、元フランス代表FWカリム・ベンゼマが同12分、27分にゴールを決めて逆転に成功。しかし同35分に被弾して2-2で前半を終えた。

 後半に入るとベンゼマが3点目を決めてハットトリックを達成すると、スペイン代表DFナチョ・フェルナンデスの一撃でレアルが4-3とリード。そのなかで迎えた後半28分、モドリッチとともに久保もピッチに立った。

 前日の準決勝トットナム戦(0-1)では右サイドに配置された久保は、この日トップ下で出場。直後の後半32分に絶妙なスルーパスを送り、スペイン代表FWルーカス・バスケスのシュートチャンスを演出した。同34分には久保が囮となってスペースを作り、その流れからドミニカ共和国代表FWマリアーノ・ディアスが追加点を奪う。

 そのなかで久保とモドリッチが魅せた。同40分、右サイドのスローインから久保が後方のモドリッチにボールを戻すと、ダイレクトの縦パスで久保にリターンパス。そのままドリブルで持ち上がった久保は相手3人を翻弄するフェイントを繰り出し、一瞬の間を作り出して横へパスを送る。これを受けたモドリッチがダイレクトで左足シュートを放つも、相手GKの好セーブで防がれた。

 DAZN公式ツイッターは、久保とモドリッチの連係プレー映像を公開。「久保建英&モドリッチ 華麗なパスワークで共演」と綴り、「ともに途中投入された二人でチャンスを作った」と紹介している。

 惜しくもゴールには至らなかったが好連係で会場を沸かせた。久保は終盤にもドリブルで持ち込み、強烈な右足シュートを放ってゴールへ肉薄している。プレシーズン5試合中4試合に途中出場している日本人アタッカーだが、周囲との呼吸は着実に合い始めているようだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング