レアル久保、フェネルバフチェ戦極上プレー スペイン紙称賛「世界水準で創造的なセンス」

レアル・マドリードのMF久保建英【写真:Getty Images】
レアル・マドリードのMF久保建英【写真:Getty Images】

後半28分からトップ下で途中出場した久保、バスケルやモドリッチの好機を演出

 レアル・マドリードは現地時間7月31日にアウディカップ3位決定戦でフェネルバフチェと対戦し、5-3と勝利した。日本代表MF久保建英は後半28分から途中出場したなか、スペイン紙「ABC」は「世界水準で創造的なセンスを披露した」と称賛している。

 序盤はフェネルバフチェにペースを握られ、前半6分に先制されたレアルだが、元フランス代表FWカリム・ベンゼマが同12分、27分にゴールを決めて逆転に成功。しかし同35分に被弾して2-2で前半を終えた。

 後半に入るとベンゼマが3点目を決めてハットトリックを達成すると、スペイン代表DFナチョ・フェルナンデスの一撃でレアルが4-3とリード。そのなかで迎えた後半28分、クロアチア代表MFルカ・モドリッチらとともに、久保もピッチに立った。

 前日の準決勝トットナム戦(0-1)で右サイドに入った久保だが、この日はトップ下で出場。直後の後半32分には絶妙なスルーパスを通し、すぐさまスペイン代表FWルーカス・バスケルのシュートチャンスを演出した。

 同34分には久保が囮となってスペースを作り、その流れからドミニカ共和区代表FWマリアーノ・ディアスが追加点。同40分には久保がドリブルで相手3人を引き付ける華麗なフェイントを繰り出し、一瞬のタメを作ってから横パスを通すと、最後はモドリッチのシュートを引き出した。さらに同40分には敵陣でボールを受けた久保がドリブルで持ち上がり、エリア手前で右足シュート。強烈な一撃を放つも、これは相手GKの好セーブに阻まれた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング