C・ロナウド欠場騒動、中国メディアが“韓国の怒り”に理解も苦言「合理的な批判ない」

ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

ロナウドがKリーグ選抜戦を欠場、韓国内で批判が渦巻くなか中国メディアが反応

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、26日のKリーグ選抜戦でベンチに座ったまま出場せずに終わり、韓国内で批判の声が強まっている。そうした状況を受けて、中国メディア「シナスポーツ」は「韓国ファンが不満を持つ理由は分かる」と理解を示した一方、「合理的な批判はない」とロナウドを擁護している。

 ユベントスはアジアツアーを敢行し、今月21日にシンガポールでトットナム、同24日に中国でインテルと対戦。その後、26日にKリーグ選抜とプレシーズンマッチを行ったが、インテル戦でフル出場したロナウドは筋肉疲労を理由にベンチスタートとなり、最後まで出場せずに終わった。

 ロナウドは試合を欠場したうえ、ファンのサイン会も参加せず、試合後は取材に応じずに会場を去っている。また帰国後、ロナウドは自身のインスタグラムで元気にトレーニングする映像をアップしており、一連の行動が韓国ファンの怒りを買う形となった。

 韓国内では、ロナウドの欠場に対して「詐欺」「韓国ファンを馬鹿にしている」などの批判が渦巻き、韓国テレビ局「MBC」はユベントスと主催者の間で少なくとも“ロナウド45分出場契約”があったと指摘。そうした状況に中国メディア「シナスポーツ」は「偏見を手放すならば、韓国ファンが不満を持つ理由は分かる」と触れ、次のように韓国ファンの気持ちを汲んでいる。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング