レアル久保、「超音速フェイント」弾を海外絶賛 クロースやアザール4人翻弄「屈辱与えた」

ミニゲームで久保が存在感を示した【写真:Yukihito Taguchi】
ミニゲームで久保が存在感を示した【写真:Yukihito Taguchi】

トレーニングで久保が再び存在感、GKクルトワの牙城を崩す見事なゴール

 FC東京からスペインの名門レアル・マドリードへ移籍した日本代表MF久保建英は、試合やトレーニングで好プレーを披露しているなか、ドイツ代表やスペイン代表、ベルギー代表らを手玉に取る3人抜きドリブルからゴールを決め、スペイン紙は「超音速のまたぎフェイント、そして3人に囲まれながらも圧巻ゴール」と絶賛している。

 トップチームの北米遠征に帯同している久保は、現地時間20日のインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)初戦バイエルン・ミュンヘン戦(1-3)で後半頭から出場し、背番号26番を背負って“白い巨人”デビューを果たした。23日のアーセナル戦(2-2/PK3-2)では出番が訪れなかったものの、依然として久保の注目度は高い。

 21日のトレーニングで5対5のミニゲームを実施し、久保はスペイン代表DFセルヒオ・ラモス、クロアチア代表MFルカ・モドリッチらと同じグループでプレー。そのなかで日本人アタッカーが輝きを放った。

 後方でボールを受けた久保は、振り向きざまに絶妙なタッチでドイツ代表MFトニ・クロースを抜き去ると、直後に横からボール奪取を試みたスペイン代表DFナチョのスライディングタックルを華麗にかわして突進。追いすがるスペイン代表DFダニエ・カルバハルのチェックも振り払った。

 最後に立ちはだかった新加入のベルギー代表MFエデン・アザールをまたぎフェイントで翻弄し、右足を一閃。ベルギー代表GKティボー・クルトワの牙城を攻略して見事にゴールを陥れた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング