「魔法をかける」 川崎MF中村憲剛、チェルシー撃破の決勝アシストに称賛集まる

川崎MF中村憲剛【写真:高橋学】
川崎MF中村憲剛【写真:高橋学】

プレミア強豪チェルシー戦、後半38分に出場して4分後に決勝アシスト

 川崎フロンターレは19日、明治安田生命 Jリーグワールドチャレンジ2019でプレミアリーグ強豪チェルシーと対戦し、1-0で勝利を収めた。0-0で迎えた終了間際の後半42分、途中出場のベテランMF中村憲剛が絶妙なループパスを送り、ブラジル人FWレアンドロ・ダミアンの決勝点を演出。DAZN公式ツイッターはゴール動画を公開し、「中村憲剛が魔法をかける」と称賛している。

 シーズン半ばでトップコンディションに近い川崎と、フランク・ランパード新監督の下で始動して1週間のチェルシーが激突した一戦は、序盤から一進一退の展開。前半は0-0で終えたなか、川崎は後半にL・ダミアンら5人を投入し、決定機を作り出すもゴールは奪えない。

 しかし、スコアレスのまま迎えた後半38分に戦況を変えるべくベテランMF中村が投入されると、流れは一気に川崎へ傾いた。後半42分、CKの流れから相手エリア内でボールを拾った中村が左足で絶妙なループパスを供給。ファーサイドに走りこんだL・ダミアンがヘディングシュートを叩き込み、これが決勝ゴールとなった。

 DAZN公式ツイッターは試合後、「中村憲剛が魔法をかける」とコメントを添えてゴール動画を公開。返信欄には「憲剛やばすぎる!」「ナイスパス。ナイスゴール。ナイス勝利!」「文句なしのマンオブザマッチ」とファンからの称賛が寄せられていた。

 また、米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・レポート」も「ケンゴ・ナカムラが素晴らしいクロスを送り、ダミアンのゴールにつなげた」と報じるなど、プレミアリーグ強豪を破る一撃は海外からも注目を浴びている。現在38歳の中村だが、衰え知らずのプレーを見せてチームを勝利に導いてみせた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング