「久保建英のためだ」 レアルが北米遠征初練習、日本メディア集結にカナダ放送局驚き

レアル・マドリードでの初練習を行ったMF久保建英【写真:AP】
レアル・マドリードでの初練習を行ったMF久保建英【写真:AP】

久保の後ろをジダン監督がランニングする写真を用いながらカナダ初日の練習をレポート

 スペインの名門レアル・マドリードは現地時間9日に北米遠征ツアーのためカナダ入りし、10日からトレーニングを開始した。カナダメディアによれば、冒頭20分のみ公開されたというが、スペインだけでなく、日本代表MF久保建英目当てで日本からも多くの取材者が訪れていることにも触れている。

 8日にスペインの首都マドリードで始動したレアルは、翌9日に北米遠征のためカナダへ出発。10日には早速モントリオールで初練習を行った。スペイン代表DFセルヒオ・ラモスやブラジル代表DFマルセロ、元フランス代表FWカリム・ベンゼマらスター選手に交じり、今夏にFC東京から移籍した久保がランニングする様子はクラブ公式YouTubeチャンネルでも公開された。

 カナダ公共放送「カナダ放送協会」が運営する国際放送「ラジオ・カナダ」は、初日の練習をレポート。冒頭には、選手の最後尾を走る久保の後ろを、トップチームを指揮するジネディーヌ・ジダン監督が“追う”ようにランニングする写真を用い、日本が誇る18歳のレフティーに関する情報も伝えている。

「ジャーナリストはスペインからだけではない。レアル・マドリードを追うために、日本から来た者たちもいる。レアルというよりも、新加入の久保建英のためだ。彼は“日本のメッシ”のニックネームを持っている」

 日に日に注目度が高まるなか、7月20日にバイエルン(ヒューストン)、23日にアーセナル(ワシントンDC)、26日にアトレチコ・マドリード(イースト・ラザフォード)と対戦するプレシーズンマッチで、デビューの瞬間は訪れるのだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング