マンU、英代表DFマグワイアに96億オファーと英報道 獲得レースで一歩リードか

レスターのDFマグワイア【写真:Getty Images】
レスターのDFマグワイア【写真:Getty Images】

マンチェスター・シティとのレスターDFマグワイア争奪戦に進展

 マンチェスター・ユナイテッドがレスターのイングランド代表DFハリー・マグワイアの争奪戦で宿敵マンチェスター・シティを一歩リードしたようだ。英衛星放送「スカイ・スポーツ」によれば、オファー額を7000万ポンド(約96億円)に引き上げたという。

 2018-19シーズンでプレミアリーグ6位と不本意な結果に終わったユナイテッドは、守備の補強が今夏の移籍市場における重大テーマとなっている。有力候補はレスター守備陣の要、マグワイアだ。ライバルのシティもその動向を注視していると言われる。

 数週間前から両クラブが交渉の席についているようだが、いずれも合意には至っていない。そのなかでユナイテッドはシティを上回る7000万ポンドのメガオファーを提示したとされ、争奪戦を一歩リードしたと見られている。

 ただし、レスターの要求はリバプールのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが2017年にサウサンプトンから加入の際に記録したDF史上最高額の7500万ポンド(約102億円)で、それ未満での放出は望んでいないと伝えられている。マグワイアはレスターでの生活に満足している一方で、タイトル争いできる“トップ6”への移籍の可能性も閉ざしてはいないという。

 マグワイアはオレ・グンナー・スールシャール監督も熱望しているタレントだ。王座奪還を目指すユナイテッドは、人気銘柄のセンターバック獲得を実現することができるだろうか。

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 試合日程はこちらから

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング