日本代表、ウルグアイ戦のスタメン発表 チリ戦から6人変更、久保はベンチスタート

ウルグアイ戦、日本代表布陣図【画像:Football ZONE web】
ウルグアイ戦、日本代表布陣図【画像:Football ZONE web】

チリ戦からは柴崎ら5人を継続起用 A代表デビューは板倉ら2人

 森保一監督率いる日本代表は現地時間20日、コパ・アメリカ(南米選手権)のグループリーグ第2戦ウルグアイ戦のスタメンを発表した。MF柴崎岳(ヘタフェ)らがチリ戦に続いて名を連ねた一方、GK川島永嗣(ストラスブール)ら6人が変更。18歳MF久保建英(FC東京→レアル・マドリード)はベンチスタートとなった。

 森保監督は前日練習後、「ベースは前回の形。3バックで3-4-3と、(ウルグアイの)4-4-2はちょっとミスマッチ」と4バックの継続採用を明言。「コンディションと次の戦いで試したいことを含めて何人か変えたいと思う」と話した通り、メンバーも入れ替えてきた。

 GKには川島、4バックは植田直通(セルクル・ブルージュ)、冨安健洋(シント=トロイデン)、杉岡大暉(湘南ベルマーレ)、岩田智輝(大分トリニータ)。2ボランチは柴崎と板倉滉(フローニンゲン)。2列目は中島翔哉(アル・ドゥハイル)、三好康児(横浜F・マリノス)、安部裕葵(鹿島アントラーズ)の3人で、1トップに岡崎慎司(レスター)になりそうだ。

 FIFAランキング28位の日本に対して同8位のウルグアイは、大会初戦のエクアドル戦を4-0と快勝。揃い踏みでゴールを挙げたFWルイス・スアレス(バルセロナ)とFWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)も日本戦のスタメンに名を連ねている。

 南米の強豪ウルグアイにどこまで渡り合えるか。森保ジャパンにとって重要な一戦となる。

【スタメン】
GK
1 川島永嗣(ストラスブール/フランス)
DF
2 杉岡大暉(湘南ベルマーレ)
5 植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)
16 冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)
19 岩田智輝(大分トリニータ)
MF
4 板倉 滉(フローニンゲン/オランダ)
7 柴崎 岳(ヘタフェ/スペイン)
10 中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)
11 三好康児(横浜F・マリノス)
20 安部裕葵(鹿島アントラーズ)
FW
18 岡崎慎司(レスター/イングランド)

【SUB】
GK
12 小島亨介(大分トリニータ)
23 大迫敬介(サンフレッチェ広島)
DF
14 原 輝綺(サガン鳥栖)
15 菅 大輝(北海道コンサドーレ札幌)
22 立田悠悟(清水エスパルス)
MF
3 中山雄太(PECズヴォレ/オランダ)
6 渡辺皓太(東京ヴェルディ)
8 伊藤達哉(ハンブルガーSV/ドイツ)
17 松本泰志(サンフレッチェ広島)
21 久保建英(FC東京→レアル・マドリード/スペイン)
FW
9 前田大然(松本山雅FC)
13 上田綺世(法政大)

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング