“久保くん”がトレンド1位 18歳MF久保、待望のデビューにファン興奮「次元が違う」

SNS上では“久保フィーバー”が巻き起こっている【写真:浦正弘】
SNS上では“久保フィーバー”が巻き起こっている【写真:浦正弘】

史上2番目の若さとなる18歳5日代表デビュー 相手2人を抜いて初シュートも放つ

 18歳MF久保建英(FC東京)は9日、国際親善試合エルサルバドル戦で後半途中から出場して日本代表デビュー。華麗な2人抜きから初シュートを放つなど存在感を放ち、SNS上では「次元が違うよ!」「感動した」と“久保フィーバー”が巻き起こっている。

 森保一監督はトリニダード・トバゴ戦(0-0)に続き3-4-2-1システムを採用。1トップに俊足FW永井謙佑(FC東京)を配置し、2シャドーにMF南野拓実(ザルツブルク)とMF堂安律(フローニンゲン)、ウイングバックは左にMF原口元気(ハノーファー)、右に伊東純也(ヘンク)を起用。攻撃力を前面に押し出したなか、前半19分に永井が代表初ゴールをマーク。続く同41分にも永井が決めてリードを広げた。

 後半11分、永井が右肩を負傷するアクシデントに見舞われてそのままピッチから退場。同14分、永井に代えてFW大迫勇也(ブレーメン)、伊東に代えてDF室屋成(FC東京)、DF畠中槙之輔(横浜F・マリノス)に代えてDF山中亮輔(浦和レッズ)の3人が同時投入され、システムも4-2-3-1へと変更。後半22分、原口に代えてMF中島翔哉(アル・ドゥハイル)が入った一方、南野に代えて久保が投入され、史上2番目の若さとなる18歳5日での代表デビューを果たした。

 その直後の同28分、大迫の縦パスを受けた久保が魅せた。相手ペナルティーエリア右付近で抜け出した久保は、2人に囲まれながらも細かいタッチでドリブルを開始すると、絶妙なタッチで2人の間を突破。そのまま左足を振り抜き、代表初シュートで相手ゴールを強襲した。これはGKの好セーブに阻まれたが、18歳のプレーに会場は騒然となった。

 その後、ゴールは生まれず2-0のまま試合終了となったが、日本が誇る至宝のプレーに日本のファンも反応。試合経過を速報した日本代表の公式ツイッターには称賛の声が相次いだ。

「久保君、次元が違うよ!」
「感動した」
「久保やばすぎます」
「久保建英さんのプレー流石だった」
「最後のFK久保くんに蹴らすべきだったかな」

 さらに、「久保くん」がツイッターのトレンドで日本1位に入るなど、待望の日本代表デビューが実現して“久保フィーバー”となっている。

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 日本代表の試合日程はこちらから

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング