「やりやすいと思った」 18歳久保建英が好印象、“手応え”を得た日本代表メンバーは?

日本代表MF久保建英【写真:Noriko NAGANO】
日本代表MF久保建英【写真:Noriko NAGANO】

9日エルサルバドル戦、2シャドーの一角でA代表デビューか

 森保一監督率いる日本代表は9日に国際親善試合エルサルバドル戦を控えるなか、試合会場のひとめぼれスタジアム宮城で7日のトレーニングを終えた。A代表デビューが期待される18歳MF久保建英(FC東京)は、「やりやすいと思った」と好印象を抱いた日本代表メンバーに言及している。

 5日の国際親善試合トリニダード・トバゴ戦では、森保体制15試合目で初の3バックシステムを採用。久保に加え、FW岡崎慎司(レスター・シティ)、MF中山雄太(PECズヴォレ)、GK川島永嗣(ストラスブール)の4人がベンチ外となったなか、攻守に課題を残したままスコアレスドローに終わった。

 6日のトレーニングで2シャドーの一角に入ってプレーした久保は、「2シャドーだと、1人でぐいぐいというよりは、どっちかと言うと近くに味方がいるので、連係とかが大事になってくるというのは想像していて……」とイメージを膨らませる。

 久保がミニゲームで2シャドーを形成した相手とは、MF香川真司(ベジクタシュ)とMF南野拓実(ザルツブルク)だ。トップ下としても、それぞれストロングポイントを持つ2人との共闘に、18歳アタッカーは確かな感触をつかんだという。

「みんなシャドーにいる選手は非常にボールタッチだったりとか、判断がすぐに変えられる選手なのでやりやすいと思った」

 トリニダード・トバゴ戦では、MF中島翔哉(アル・ドゥハイル)とMF堂安律(フローニンゲン)が2シャドーで先発。後半26分、中島に代わって南野、堂安に代わってMF伊東純也(ヘンク)が2枚替えで同時投入されている。

 シャドーのスタメン争いは熾烈だが、香川は左股関節の違和感で7日の練習を回避。久保の代表デビューが現実味を帯びるなか、エルサルバドル戦でピッチに立つと18歳5日で代表最年少出場記録2位となる(1位はDF市川大祐の17歳322日)。新鋭アタッカーが日本サッカー史に新たな1ページを刻むだろうか。

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 日本代表の試合日程はこちらから

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング