「凄いショックだった」 VARの“ゴール取り消し”と精神的ダメージ、日本の課題とは?

VARによるゴール取り消しが勝敗を分ける形となった【写真:Getty Images】
VARによるゴール取り消しが勝敗を分ける形となった【写真:Getty Images】

U-20W杯16強の韓国戦、郷家の一撃がノーゴールに… 変わった試合の流れ

 U-20日本代表は現地時間4日、ポーランドで行われているU-20ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦で韓国と対戦し、主導権を握りながら試合を進めたが、終盤に失点を許して0-1の敗戦を喫した。

 この試合の一つのポイントとなったのが、後半5分のVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によるゴール取り消しだった。その時の状況を踏まえた選手たちの反応から、日本全体が見つめなければいけない課題が浮き上がってくる。

 序盤から試合を優勢に進めていた日本だが、後半に韓国がシステムチェンジを決行。徐々に相手の反撃に遭うことになる。そんななかで迎えた後半5分だった。右サイドからのFKはクリアされるも、ルーズボールを拾ったMF齊藤未月(湘南ベルマーレ)がゴール前にボールを入れる。これに反応したFW宮代大聖(川崎フロンターレ)が左足で合わせ、GKが弾いたボールをMF郷家友太(ヴィッセル神戸)がシュート。これがゴール左に決まり、日本に歓喜の輪が生まれた。

 しかし、その後ピッチに戻ると、主審はVARによって宮代がオフサイドだったと判定。喜びもつかの間、ゴールは取り消しになった。ゴールを決めた郷家は「韓国が抗議していることは知らなかった。僕自身もすごく嬉しかったですし、これでチームの報いになれるんじゃないかというところでVARの判定が出てしまった。凄いショックだった」と振り返る。

 チームに動揺が走ったのは間違いなかった。この後、立て続けに相手にチャンスを作られるなど、攻め込まれる場面が増加。徐々に足も止まり始めてしまう。宮代は当時のピッチの状況を回顧する。

「雰囲気が相手に行ったところもありましたけど、ここから声を出そうと言っていましたし、落ち過ぎてはいないと思います。だけど、もう1個、もう2個チャンスを作れていれば、まだまだこっちの流れに持っていけていたと思います」

 一つのVAR判定により、変わった流れ――。終盤には自分たちのミスから失点を招き、最後までその1点を取り返すことができなかった。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング