バースデーゴール2発のU-20日本代表FW宮代、ストライカーとして覗かせた“自覚”

川崎の先輩FW小林も宮代の能力には太鼓判「あれだけエゴがあれば、良い方向に行く」

 今回の代表にMF久保建英(FC東京)やMF安部裕葵(鹿島アントラーズ)といった主力が招集外となったことで、宮代は点取り屋として大きな期待を背負っている。川崎のチームメイトである、日本代表FW小林悠は、「あの歳で末恐ろしい存在というか、体も強くて本当にストライカー」と宮代の能力に太鼓判を押していた。

「最初に見た時から凄いなと思っていたし、本当にシュートにパワーがあって僕にはない重さがある。ゴール前のバリエーションは、大聖の持っている良さだと思う。それに物怖じしないというか、去年のキャンプの練習試合で一緒に出た時に、GKと2対1になって自分が横でどフリーなのに出さずに(シュートを)打ったんですよ。その時に、まだまだ若いけど、コイツのメンタリティーは本当にストライカーだなと思いました。FWとしてあれだけエゴがあれば、良い方向に行くと思います」

 チームの期待に応える2得点で勝利に貢献した宮代。「2点を取れたことはポジティブに考えているし、もちろん良かった。ただ、イージーなミスというのが疲れてきたなかで増えていて、そういうミスが失点につながる部分もあると思う」とすでに次戦を見据えている。

 短期決戦の国際大会で上位に行くチームには、必ずと言ってもいいほど好調なストライカーがいる。“川崎の大砲”こと宮代は、さらにゴールを量産してチームを決勝トーナメントへ導く覚悟だ。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング