南野拓実、オーストリア“5連覇”と苦闘の日々 常勝軍団で今季14得点を決めている価値

ザルツブルクMF南野【写真:Getty Images】
ザルツブルクMF南野【写真:Getty Images】

2015年の加入以来、5シーズン連続でリーグ優勝を経験 「すごく嬉しい」と安堵

 5月5日、ザルツブルクはオーストリア・ウィーンを2-1で下し、リーグ6連覇を飾った。この日、先発フル出場を果たした南野拓実にとっては2015年1月の移籍以来、5シーズン連続のリーグ優勝となる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

「勝ち方的に(カップ戦決勝と比べて)今日のほうが劇的やったし、嬉しさはある。この前はまだ、この試合があるという部分もあったんで気が抜けないというのがあった。でも、今日は完全にみんなと一緒に騒ぎたい気分だし、すごく嬉しいですね」

 南野は試合後の取材エリアで、ホッとした穏やかな表情でそう語っていた。

 ザルツブルクは常に優勝を義務付けられたチームだ。苦戦することすら許されない。抱える選手層、所属しているリーグのレベルを考えると当たり前だと言われ続ける。そのプレッシャーの中で勝ち続けるのが、簡単なはずがない。

 ましてやチーム内のレギュラー争いは熾烈だ。ザルツブルクは今季のUEFAクラブランキングで29位。27位リヨン(フランス)、28位レバークーゼン(ドイツ)という強豪クラブのすぐ下に位置する。各ポジションには将来を嘱望される選手が目白押し。ザルツブルクを足掛かりに、欧州トップリーグやトップクラブへのステップアップを果たそうとする選手がしのぎを削っている。チームプレーをするのは当たり前で、そのうえで自分の持つ長所を発揮して、チームにプラスアルファをもたらすことができるかが問われる。

 そしてリーグ戦では、どの対戦相手にとってもザルツブルク戦はシーズンのハイライト。「今季最大のゲーム」という立ち位置で試合に臨んでくる。ファウルぎりぎりのプレーで全選手が体を張り、普段以上の力を引き出してくるわけだ。

 3月14日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)準々決勝のナポリ戦(2戦合計3-4で敗退)後に、南野はこう語っていた。

「ここからリーグとカップ戦だけなので試合数も少なくなる。ベンチの選手が増えてくるし、試合に出られない選手が増えてくる。試合に出たからには結果を出さないといけない、という戦いが僕にはまだ待っている」

page1 page2

中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  10. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」