オランダの伝説、クライフ氏が肺がんと診断される 「病魔と勇敢に戦う」

スペインメディア報じる 20日にバルセロナ市内での精密検査で発覚

 元バルセロナ監督で現役時代に伝説の名手だったヨハン・クライフ氏が肺がんと診断されたことが明らかになった。スペイン地元紙「スポルト」などが報じている。

 「フライング・ダッチマン(空飛ぶオランダ人)」の愛称で知られた68歳のクライフ氏は20日にバルセロナ市内で検査検査を受け、肺がんと診断されたという。現在今後の治療方針についての検討が行われているが、近い関係者によると、クライフ氏は病魔と勇敢に戦う決意を固めているという。バルセロナを率いた1991年にクライフ氏は心筋梗塞に倒れ、バイパス手術を受けていた。これを機に禁煙したが、「私はヨハン・クライフ。私の人生で2つの悪徳に手を染めた。それは喫煙とフットボールをプレーすることだ」と常々語るなど、かつては愛煙家としても有名だった。

 クライフ氏は選手として、監督として超一流の存在だった。現役時代のオランダ代表時代には欧州年間最優秀選手(バロンドール)に3度選出。指導者としてはバルセロナ時代に90年シーズンからリーグ4連覇を果たし、91年シーズンには欧州チャンピオンズリーグの前身チャンピオンズカップを優勝していた。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

トレンド

ランキング