神戸イニエスタ、“無限の美技”に再脚光 「真のファンタジスタ」「見ると泣けてくる」

バルセロナ時代のMFイニエスタ(左)【写真:Getty Images】
バルセロナ時代のMFイニエスタ(左)【写真:Getty Images】

バルサ対アトレチコの首位攻防戦を前に、リーガ公式ツイッターが美技集動画を公開

 バルセロナは現地時間6日、リーガ・エスパニョーラ第31節で2位アトレチコ・マドリードと対戦する。両者の勝ち点差は8、リーグ優勝の行方を占ううえで重要な首位攻防戦となるが、リーガ公式ツイッターは元バルサでJ1ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが過去にアトレチコ戦で披露したテクニック集を公開。海外ファンも「真のファンタジスタ」「見ると泣けてくる」と改めて称賛している。

 バルサ一筋16年だったイニエスタは、2018年4月に愛するクラブを退団することを発表。ロシア・ワールドカップ後の同年7月にJ1リーグの神戸へ加入した。華麗なテクニックとともに、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキとの強力コンビで日本のファンを魅了。今季は元スペイン代表FWダビド・ビジャ、元バルサのスペイン人MFセルジ・サンペールが加わったなか、フアン・マヌエル・リージョ監督の下で“バルサ化”を体現する1人として重要な役割を担っている。

 古巣のバルサは6日にアトレチコとの首位攻防戦に臨むが、リーガ・エスパニョーラ公式ツイッターは「infinito(無限)」というフレーズとともに、バルサ時代のイニエスタがアトレチコ戦で見せてきたテクニック動画を公開した。

 シザースフェイントやノールックヒールパス、絶妙なアウトサイドパスが次々と飛び出すが、象徴的なのは真横にボールを動かしてからすぐさま逆足で縦に出して相手を抜く「Croqueta(クロケタ/コロッケの意)」と呼ばれる十八番のフェイントだろう。いわゆるダブルタッチを指すテクニックだが、投稿のコメント欄にはファンから称賛の言葉が送られている。

「真のファンタジスタ」
「マジシャンとは彼のこと」
「コロッケの王様」
「見ると泣けてくる」
「あなたがいないのは寂しい」

 世界を魅了したイニエスタのプレーをJリーグで目に焼き付けられるのは、日本サッカー界の発展にも大きく役立つに違いない。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング