トラブル続きのネイマール FIFAがバルサ加入時の移籍金調査に乗り出す

 

サントス側は6ヵ月の出場停止は求めていないと報道

 バルセロナのブラジル代表FWネイマールが、2013年にサントスから加入した際の移籍金額について、FIFA(国際サッカー連盟)が捜査を行っていることが明らかになった。スペイン地元紙「スポルト」が報じている。

 ネイマールはサントス時代の脱税問題で、ブラジル司法当局から約57億円の資産を凍結されるなど、ピッチ外で様々なトラブルに見舞われている。そしてFIFAはバルセロナが2013年のネイマール獲得時に、実際に支払った移籍金を調査している。導き出された金額から脱税行為が行われたかどうか、当局から判断を下されることになるという。ネイマール側は2011年に、サントス前会長から移籍交渉に関する許可を得た文書を手にしているため、慌てる様子はないという。

 一方、サントスはバルセロナの移籍に契約違反があった可能性の調査を依頼しているが、一部メディアが報じていた6ヵ月間の出場停止処分は求めていないとレポートされている。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング