アトレチコには“不運を呼ぶ存在”!? ユベントス戦主審の“因縁”にイタリア紙が注目

第1戦ではアトレチコがホームで2-0と制した【写真:Getty Images】
第1戦ではアトレチコがホームで2-0と制した【写真:Getty Images】

ユベントスはカイペルス氏担当ゲームの勝率は良くないが…エースのロナウドは相性抜群

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の中でも注目カードの一つが、ユベントスとアトレチコ・マドリードの一戦だ。初戦をアトレチコがホームで2-0と制した顔合わせは、現地時間12日にユベントスのホームで第2戦が行われる。ユベントスの本拠地トリノの地元紙「コリエレ・ディ・トリノ」は、試合を担当するレフェリーに関する因縁を報じている。

 記事では、このゲームを裁くのはオランダ人のビョルク・カイペルス氏に決まったと言及。欧州でもトップクラスのレフェリーと評判のカイペルス氏は、昨年のロシア・ワールドカップでも4試合を担当し、今季のCLでもすでに4試合の笛を吹いている。

ユベントスとアトレチコの一戦で主審を務めるカイペルス氏【写真:Getty Images】
ユベントスとアトレチコの一戦で主審を務めるカイペルス氏【写真:Getty Images】

 ユベントスから見ると、このカイペルス氏が主審をしたゲームへの相性は決して良くない。記事によれば、これまでに6試合の担当で、ユベントスが勝利したのはわずかに1回。残り5試合の結果は4分1敗だという。また、“イタリア勢”に範囲を広げても、19試合の担当で勝利は4試合と、その勝率は2割強でしかない。

 一方で、今季からユベントスに加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、カイペルス氏のゲームに相性が良いというデータも公開されている。ロナウドは担当試合で5ゴールを決めて3勝。そのうちの1勝と1ゴールは、レアル時代にアトレチコと対戦した2013-14シーズンのCLで、延長戦の末にレアルが4-1で勝利している。

 また、昨年のW杯に目を向ければ、カイペルス氏が裁いたゲームでは開催国ロシアにスペインはPK戦の末に敗れた。アトレチコやスペインにとっては“不運を呼ぶレフェリー”という見方もできるかもしれない。

 アトレチコのホームでは、サポータたちがロナウドに強烈なブーイングと罵声を浴びせ掛け、ロナウドが手で「アトレチコはCLで0回優勝、僕は5回だ」と反論のジェスチャーを見せたことも話題になった。それぞれの因縁が渦巻く試合は、オランダ人レフェリーのコントロールの下でどのような展開になっていくのだろうか。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング