神戸MFイニエスタ、2人翻弄の“消えるドリブル”に海外脱帽 「魔法が日本で拡散」

イニエスタの華麗なテクニックが反響を呼んでいる【写真:Noriko NAGANO】
イニエスタの華麗なテクニックが反響を呼んでいる【写真:Noriko NAGANO】

タッチライン際に追い込まれるも華麗な足技でマーカー2人を置き去り

 ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、2日に行われたJ1リーグ第2節サガン鳥栖戦(1-0)でトップ下として攻撃を牽引し、今季初勝利に貢献した。試合終了間際に披露したマーカーを翻弄する華麗なテクニックが反響を呼んでいるが、日本から1万キロ以上離れた母国スペインのメディアも反応。「“現実逃避”のトリック」と評している。

 開幕黒星スタートの神戸は、2戦目の鳥栖戦でシステムを変更。左ウイングで起用した元スペイン代表FWダビド・ビジャを3トップの中央、“ゼロトップ”を務めたイニエスタを本来のトップ下に配置した。試合は後半9分、鳥栖の連係ミスを突いたビジャが先制ゴールを挙げ、神戸が1点のリードを守り切ったが、試合終了間際にイニエスタが見せたテクニックが会場を大いに沸かせた。

 後半アディショナルタイム、右サイドでFW古橋亨梧からのボールを拾ったイニエスタに対し、鳥栖はMF高橋義希とFW金崎夢生が猛然とプレッシャーをかけ、タッチライン際に追い込む。しかし、稀代のテクニシャンはボールとの間に体を入れてキープ。さらに、右足裏でボールを引くと、左足で蹴ると見せかけて右足ヒールでコースを変え、金崎の股下を鮮やかに抜き、タッチライン際を駆け上がってマーカー2人を置き去りにした。鳥栖DFカルロ・ブルシッチがファウルで倒して止めるのがやっとだった。

 ノエビアスタジアム神戸に駆け付けた2万5172人の観客はイニエスタの美技に大きな歓声を上げ、ブラジルメディア「TORCEDORES」も「2人の相手にマークされたにもかかわらず、スペイン人は“股抜き”という天才的な解決法を手に入れた」と報じていた。

【PR】2019シーズン開幕!今年のJリーグは『ハンパナイ』んです!

>>【PR】DAZNアンバサダーにとんねるずの木梨憲武氏が就任! 特別出演のCMもオンエア開始!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング