「今までに見たことがない」 モナコMFセスク、絶妙な“新発明パス”に海外反響

モナコのMFセスク・ファブレガス【写真:Getty Images】
モナコのMFセスク・ファブレガス【写真:Getty Images】

リヨン戦でボールを上から押し出すようにして味方にパス「もちろん意図的だよ」

 パスの名手として知られるモナコの元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが、「新たなパスを発明した」として大きな反響を呼んでいる。

 注目のプレーが見られたのは、現地時間24日に行われたリーグ・アン第26節のモナコ対リヨン戦だ。自陣のセンターサークル手前でボールを受けたセスクは左足でボールをトラップするやいなや、自身の右前方にいたポルトガル代表MFマルコス・ロペスにパスをつないだ。

 セスクは左足を伸ばしてボールを止め、やや体勢を崩しながらも、そのまま左足の先でボールを上から押し出すようにしてパスにつなげている。トラップからパスまで一瞬の隙もない流れるような足さばきで、プレッシャーをかけたマーカーもあっという間に置き去りにされた。

 何気ないプレーにも見えるが、モナコ公式ツイッターがこのシーンを切りとったダイジェスト動画を投稿すると、すでに100万回再生を超えるなど大反響。ファンからは「今までに見たことがない」などのリアクションが届いている。

 セスク本人はクラブのツイートを引用し、「新しいパス方法の発明」と投稿。また、英紙「メトロ」のツイッターがこのプレーについて「これは意図的なのか?」とツイートすると、セスクは「もちろん意図的だよ」と返信した。

 スペインが誇る司令塔の華麗なボールさばきに注目が集まっている。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング