神戸イニエスタ、ビジャ加入の“日本2年目”に言及 「野心と成長する意欲を持って…」

神戸MFイニエスタ【写真:Getty Images】
神戸MFイニエスタ【写真:Getty Images】

盟友ビジャの加入を歓迎「間違いなく攻撃の形を良くするために役立ってくれる」

 2019シーズンのJ1リーグは、2月22日にセレッソ大阪対ヴィッセル神戸で開幕する。日本だけでなく世界各国のサッカーファンの注目を集めるのは、元スペイン代表FWダビド・ビジャが加入した神戸だろう。すでに元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタらワールドクラスが続々と集結しているが、その“真打ち”的な存在であるイニエスタが母国紙「マルカ」のインタビューに答え、意欲を語っている。

 記事では、「J1の調査によると、イニエスタとトーレスの来日以来、日本での公式戦はスタジアムで40%の観客増を示している。それとともにヴィッセルはイニエスタとの契約、そしてポドルスキの存在、ダビド・ビジャの加入によって中規模クラブからメディア注目のクラブになった」と神戸の現状をレポートしている。

 神戸は昨季、終盤までJ1残留を決められないジレンマに陥った。その状況に「ファンは僕らが負けた時でさえ、励ましてくれるんだ。たとえ批判していたとしても、それは日本語だから、みなさん(スペインの)メディアは目にすることはないだろうけどね」と、日本のサッカー文化に触れつつも、ビジャが加わった今季についてこのように話している。

「僕たちは大きな野心と成長する意欲を持って今季に臨んでいる。ダビドの加入は、間違いなく攻撃の形を良くするために役立ってくれると思うよ」

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング