「最初は苦労したけど…」 神戸イニエスタが日本人に感謝「親切で尊敬の念を示してくれる」

ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタ【写真:Getty Images】
ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタ【写真:Getty Images】

昨夏J1神戸への移籍を決断したイニエスタ、母国紙のインタビュー取材で思い吐露

 J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタにとって、2年目のJリーグが始まろうとしている。今シーズンも日本だけでなくスペインなど各国からの注目を集めるなか、母国スペインの全国紙「マルカ」のインタビュー取材に応じている。様々なことを語り、日本での生活にも一家全員で慣れ始めているようだ。

「日出いずる国に温かさを求めるために、バッグに荷物を詰めた。そして日本で、彼が必要としていたおだやかな日々を手にした」

 同インタビューの冒頭、同紙はこのように触れている。無理もないだろう。育成組織から生え抜きとして育ったバルセロナで元スペイン代表MFシャビ・エルナンデス(現アルサッド)とMFセルヒオ・ブスケッツと抜群のコンビネーションを形成し、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシら豪華攻撃陣のゴールを何度もお膳立てした。そして2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)ではスペイン史上初のW杯制覇を成し遂げ、まさにヒーローとなった。

 その分だけ、スペイン国内での注目度は非常に高く、気が休まる日はなかったのだろう。イニエスタ自身はこのように吐露している。

「タフな時期を終えた後、僕はプライベートな、そして家族での体験を探していた。そのなかで日本とアジアのサッカーを引き上げるような野心的なプロジェクトを感じた」

 それによって昨夏イニエスタが神戸に加入したのは周知の事実だ。そのなかで感じ取っているのは日本という国の文化だという。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング