「正確にはなんの問題か不明」 負傷離脱中のロッベン、回復が進まず苛立ちを吐露

バイエルンのMFロッベン【写真:Getty Images】
バイエルンのMFロッベン【写真:Getty Images】

昨年11月末から長期離脱中「僕らはできることはすべてやっている。でも…」

 バイエルンの元オランダ代表MFアリエン・ロッベンは、故障により昨年11月末から欠場が続いているが、その状況はもうしばらく続きそうだ。ロッベンを悩ませている問題がどこにあるのか、医師ですら正確には分からない状況だという。ドイツメディア「SPORT BUZZER」などが伝えている。

 ロッベンが今季最後にプレーしたのは、昨年11月27日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第5節のベンフィカ戦。2ゴールを挙げて大勝に貢献したが、以降はピッチから遠ざかっている。現地時間15日のブンデスリーガ第22節アウクスブルク戦(3-2)も欠場し、19日に行われるリバプールとのCL決勝トーナメント1回戦第1レグも欠場の見通しとなっている。

 今季限りで契約満了となるロッベンは試合出場への意欲を見せているが、2月に入って参加した2度の練習は、いずれも途中で切り上げている。公式発表では「大腿部に問題」とされているが、ドイツ紙「ビルト」によれば、実際はどこに問題があるのか、復帰はいつになるのか、医師ですら分からないとロッベンは話しているという。

「僕らはできることはすべてやっている。でも、上手くいっていないというのが現状だ。残念ながらこれが何なのか、正確にはなんの問題なのか不明なんだ」

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング