Jリーグ王者・川崎が攻勢も得点ならず 浦和とのゼロックス杯、0-0で後半へ

前半は両チーム無得点のまま、0-0で折り返した【写真:Noriko NAGANO】
前半は両チーム無得点のまま、0-0で折り返した【写真:Noriko NAGANO】

川崎の新加入L・ダミアンが前線で存在感

 日本サッカーの新シーズン幕開けを告げる富士ゼロックス・スーパーカップが16日に埼玉スタジアムで行われ、昨季のリーグ王者・川崎フロンターレと天皇杯王者・浦和レッズが激突。前半は両者無得点のまま、0-0で折り返した。

 川崎はDFエウシーニョ(→清水エスパルス)が抜けた右サイドバックにDFマギーニョ、1トップにロンドン五輪の得点王であるFWレアンドロ・ダミアンという新加入の両ブラジル人が先発。一方の浦和はアンカーの位置にポルトガルの名門ポルトから新加入のMFエヴェルトン、前線にはセレッソ大阪から移籍のFW杉本健勇がスタメンとして名を連ねた。

 立ち上がりから川崎がボールを保持しながらゲームを進めるものの、浦和のブロックの前に入り込めない時間が続く。そのなかで最初の決定機は前半30分の川崎。L・ダミアンが左サイドから中央にドリブルで切り込みながら相手を引きつけて中央にラストパスを送ると、飛び込んできたFW小林悠がゴール正面からシュートを放つビッグチャンスを得たが、ゴール上に外れた。

 さらに同32分にはMF中村憲剛のFKからL・ダミアンが頭でつないでDF谷口彰悟が押し込んだものの、谷口がオフサイドでゴールならず。さらには同38分に小林のクロスにL・ダミアンが合わせて決めた場面もオフサイドとなった。一方の浦和はゴール前に入り込む場面を作れず、前半はスコアレスで終了した。90分を終えて同点ならPK戦にもつれ込む一戦は、後半にどのような試合展開を見せるだろうか。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング