バルサ復帰報道の久保建英に海外メディア太鼓判 「21世紀におけるアジア最高の選手に」

FC東京のU-21日本代表MF久保【写真:Football ZONE web】
FC東京のU-21日本代表MF久保【写真:Football ZONE web】

「日本のメッシが帰還」と海外メディア報道 「バルセロナBを強化するために加わる」

 FC東京のU-21日本代表MF久保建英が、来夏にバルセロナへ復帰する見込みであることが、スペイン紙で報じられた。この報道についてFC東京側は否定しているが、バルセロナ専門メディアは「21世紀におけるアジア最高の選手になる可能性を秘めている」と、そのポテンシャルに太鼓判を押している。

 久保は10歳の時にバルセロナの下部組織に加入。しかし、2014年にバルセロナがFIFAから18歳未満の選手移籍に関する規約違反によって罰則を受けたことで、久保は公式戦の出場機会を得るため翌年にFC東京の下部組織へと移籍した。17年には16歳でトップデビューを果たし、18年に横浜F・マリノスへの期限付き移籍を経て、今季はレンタルバックでFC東京に復帰していた。

 今年6月に18歳となる久保は、これまでのように制限されることなく国際移籍が可能となる。マンチェスター・シティとパリ・サンジェルマンからの関心も取り沙汰されているが、14日付のスペイン紙「ムンド・デポルティーボ」がバルセロナ復帰で合意に達したことを報じた。

 バルセロナ専門メディア「EVERYTHING BARCA」も、「“日本のメッシ”が母国での4年間を経てバルセロナに帰還」と見出しを打って報じ、「久保は今季攻撃面で苦しんでいるバルセロナBを強化するために加わることになるだろう」と主張している。トップチームでの活躍は時期尚早としながらも、将来の可能性に期待を寄せている。

【PR】CB昌子源がトゥールーズへ移籍。新たな日本人DFの挑戦をDAZNで見届けよう!

>>【PR】香川真司をDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング