来日14年目のペトロヴィッチ監督、“東南アジア勢”台頭に注目 「レベルは拮抗してきている」

コンサドーレ札幌のペトロヴィッチ監督【写真:Noriko NAGANO】
コンサドーレ札幌のペトロヴィッチ監督【写真:Noriko NAGANO】

昨季札幌を4位に導いた名将、チャナティップら東南アジア勢の活躍に言及

 昨季のJ1リーグで就任初年度にして北海道コンサドーレ札幌を4位に躍進させたのが、日本での豊富な指導実績を持つミハイロ・ペトロヴィッチ監督だった。タイ代表MFチャナティップがベストイレブンを獲得する活躍も見せたが、今後ベトナムなどの東南アジアからの選手が加入して活躍することを予感していると話す。

 “ミシャ”の愛称で知られるペトロヴィッチ監督に率いられた札幌は、昨季に大きく若返った。指揮官自身も「我々は資金力のあるクラブではなく、スター選手を獲得することはできない。若い選手を育てて中長期的な観点でやっていくのがビジョンだ。そのなかで昨シーズンは、ユース出身の若い選手もレギュラーを獲得した。こうやって若返りを図りながらやっていきたい」と話す。

 そのなかで、タイからやってきたチャナティップも大きく成長を見せた一人だ。アジアカップの戦いも見たというミシャ監督は、「ここ最近のアジアを見れば、レベルは拮抗してきているだろう。少し前であれば、東南アジア諸国や中東の国はそれほど強豪と認識されていなかった。アジアカップを見れば底上げは明らかであり、カタールの優勝も予想されていなかっただろう。韓国やオーストラリアも早く敗退した。日本が決勝に残れたのは良かったことではないだろうか」と、アジア全体のレベルが上がっていることを話している。

 そして東南アジアの選手がJリーグにやってきて、活躍する流れが生まれつつあることを、日本で14シーズン目の指導に入る指揮官は前向きに捉えている。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】香川真司をDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング