日本代表、恩師ザック率いるUAEと再会の“決勝対決”実現せず 長友の対戦願望は夢に

UAE代表のザッケローニ監督【写真:Getty Images】
UAE代表のザッケローニ監督【写真:Getty Images】

アジア杯準決勝、ザッケローニ元日本代表監督が指揮するUAEがカタールに敗戦

 かつて日本代表を率いたアルベルト・ザッケローニ監督は、現在UAEで指揮を執り、29日にアジアカップ準決勝カタール戦に臨んだが0-4と敗戦。前日に日本代表がイランを3-0で撃破し、DF長友佑都(ガラタサライ)が恩師との決勝対決を熱望していたが、実現しなかった。

 日本が一足早く2月1日に行われる決勝進出を決めたなか、残るもう一枠を巡って開催国UAEとカタールが激突。ホームの後押しを受けたUAEだったが、前半22分にカウンターからMFブアレム・フーヒに先制点を奪われる。同37分にFWアルモエズ・アリに強烈な一撃を叩き込まれ、さらに後半にも2失点し、UAEは0-4と敗れた。

 イラン撃破後、長友はかつて日本代表を指揮したザッケローニ監督への感謝を今でも忘れていない。南アフリカ・ワールドカップ(W杯)後に発足した日本代表を率い、長友らとともにブラジルW杯に臨んだが、グループリーグ敗退の憂き目を見た。「ザック」の愛称で親しまれた恩師との決勝対決を心待ちにしていた。

「ザックさんには4年間成長させてもらって、使い続けてもらった。ブラジル・ワールドカップ(W杯)での別れ方がちょっと……。心の中に残り続けている。恩返ししたかったというのが残り続けていた。敵になりますけど、自分たちは成長しているというのをザックさんに見せたい。UAEに(決勝に)来てほしい」

 そう語っていた長友だったが、UAEは惜しくも準決勝で姿を消し、恩師ザックとの“決勝対決”は夢に終わった。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング