日本代表の先制点は幻に… DF吉田がヘッド弾も今大会初のVARでノーゴール判定

DF吉田がセットプレーからネットを揺らしたが、直前にハンドがあったとしてノーゴールの判定となった【写真:Getty Images】
DF吉田がセットプレーからネットを揺らしたが、直前にハンドがあったとしてノーゴールの判定となった【写真:Getty Images】

前半24分、柴崎のCKを吉田が頭で押し込み幸先よく先制したかに思われたが…

 アジアカップ初のVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によって日本の先制点が泡と消えた。24日のアジアカップ準々決勝ベトナム戦で、前半24分に日本代表DF吉田麻也がセットプレーからネットを揺らしたが、直前にハンドがあったとしてノーゴールの判定となった。

 左サイドで得たCKをMF柴崎岳がゴール前にクロスを送ると、攻め上がっていた吉田が合わせてゴールネットを揺らした。日本が幸先よく先制したかに思われたが、主審はVARを要求した。

 吉田のシュートは頭で合わせた後に手に当たっており、これがハンドの判定となったようだ。この準々決勝から初めて採用されたVARで、日本の先制ゴールは幻となった。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング