日本代表、アジア杯8強ベトナム戦は前半0-0 幻の先制弾、自陣ミスで失点危機も…

アジア杯8強ベトナム戦は前半を0-0で折り返した【写真:AP】
アジア杯8強ベトナム戦は前半を0-0で折り返した【写真:AP】

運動量豊富な相手に苦戦 吉田のヘディング弾はVAR判定で取り消しに

 日本代表は24日にUAEで開催されているアジアカップ準々決勝のベトナム戦に臨み、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の進言で日本のゴールが取り消される場面もあり、前半を0-0で折り返した。

 日本は1トップにFW北川航也を起用したほかは、決勝トーナメント1回戦サウジアラビア戦(1-0)と同じメンバーが並んだ。序盤からボール保持率を高める日本だが、守備時に5バックでスペースを埋めるベトナムの前になかなかゴール前へ切り込めない時間が続いた。

 そうしたなかで迎えた前半24分、日本は左コーナーキックのチャンスを得るとMF柴崎岳のキックに対してゴール前に入り込んだDF吉田麻也が合わせてネットを揺らし、先制ゴールかと思われた。しかし、この場面で準々決勝から採用されているVARから進言があり、主審は映像確認の末に吉田がヘディングしたボールが自身の腕に当たったとしてハンドの判定。ゴールは取り消しとなった。

 その後も日本は同30分に右コーナーキックからの流れでDF冨安健洋と吉田が相次いでヘディングでゴールを狙ったが、相手GKのファインセーブもあり得点は奪えず。逆に同35分過ぎには連続してゴール前に攻め込まれ、GK権田修一がファインセーブを連発してなんとか無失点でしのいだ。試合はそのまま0-0で前半を終え、勝負は後半に持ち越された。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング