森保監督、アジア杯サウジアラビアの“高いモチベーション”を警戒「我々も準備しないと」

サウジアラビア戦の前日会見に出席した森保監督【写真:Football ZONE web】
サウジアラビア戦の前日会見に出席した森保監督【写真:Football ZONE web】

「非常に個のレベルも高い」と分析 森保監督は“メンタル面の準備”も強調

 日本代表は21日、シャルジャ・スタジアムで行われるアジアカップ16強でサウジアラビアと激突する。前日会見に出席した森保一監督はグループリーグ第3戦を落としたサウジアラビアの高いモチベーションを警戒している。

 日本はグループリーグで3連勝を飾り、1位通過を果たした。初戦トルクメニスタン戦は大迫の2ゴールとMF堂安律(フローニンゲン)の一撃で3-2と逆転勝利。第2戦オマーン戦はMF原口元気(ハノーファー)のPKで1-0と逃げ切ると、先発10人を変更した第3戦ウズベキスタン戦はFW武藤嘉紀(ニューカッスル)、DF塩谷司(アル・アイン)のゴールで2-1と勝利を収めた。

 一方のサウジアラビアはグループリーグ第3戦でカタールに0-2と敗れ、2勝1敗で2位通過となった。そんな相手に対して「3戦目でカタールに負けた。メンタル的に、まずは次の試合は反省を生かしながらモチベーションを上げてくる。次の試合では絶対勝つという気持ちが強くなる。我々も気持ちの部分で準備しないといけない」と語っている。

 さらに指揮官は「非常に個のレベルも高い」と分析し、「攻守ともにアグレッシブであることを踏まえて準備し、明日の試合を戦いたい」と続けた。DF酒井宏樹(マルセイユ)は相手の勢いも警戒し、「試合の入り方」を一つのポイントに挙げている。

 森保監督はメンタル面の準備も強調したなか、日本はどのような戦いを見せるのか。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング