アジア杯16強へ、日本代表を待つ強豪国と“伏兵の落とし穴” 「総力戦」で駆け上がれるか

日本代表は、17日のウズベキスタン戦に2-1と勝利しグループリーグ3連勝F組を1位で突破した【写真:©AFC 】
日本代表は、17日のウズベキスタン戦に2-1と勝利しグループリーグ3連勝F組を1位で突破した【写真:©AFC 】

3連勝でF組を1位通過、ウズベキスタン戦の勝利に長友も手応え 「2011年とかぶるものがある」

 2大会ぶりのアジアカップ制覇を狙う日本代表は、17日のウズベキスタン戦に2-1と勝利しグループリーグ3連勝、F組を1位で突破。決勝トーナメント1回戦の相手は、E組2位のサウジアラビアに決定した。「グループステージに全勝して1位で突破し、決勝トーナメントに行くということ。選手たちがチームとしての目標に結果で示してくれた」と森保一監督は語る。

 3連勝と言ってもすべてが1点差で楽な戦いではなかったが、それぞれ違った試合展開の中で勝機を見出した結果だ。連係面や状況に応じたゲームコントロールなど、チームとして高められる部分はまだあるが、3試合目で大幅にメンバーを入れ替えチャンスを得た選手たちが、グループリーグ最大のライバルと見られたウズベキスタン相手に勝利をつかんだことは“総力戦”という意味でも大きい。長友佑都は、優勝した2011年大会に重ね合わせる。

「ホントに流れとしては締まってきてるなと思います。2011年の時もそうですし、やっぱ試合に出てない選手が出た時にホント活躍して、チームの士気を上げてくれるっていうのは、2011年とかぶるものがあるなと。またチームが一つになれる」

 3試合の戦いを振り返ると、トルクメニスタン戦(3-2)は大会初戦ということもあり、手探りのなかで入ったところから相手の健闘もあり苦戦を強いられた。前半27分に、堂安律が右サイドでボールを奪われたところからカウンターで一気にボールを運ばれ、アルスラン・アマノフに無回転ミドルを決められた。

 その後も攻めあぐんでいた日本は、後半にサイドハーフが開いて攻撃の幅を取ると、同11分に左の原口元気を起点に大迫勇也の技ありゴールで追いつく。さらに4分後、吉田麻也のロングパスを起点に原口が中に折り返すと、インサイドから飛び出していた長友が寄せてきたディフェンスと上手く入れ替わり、相手GKを越えるボールを入れると、中で大迫が流し込み2-1と逆転した。

 トルクメニスタンの反撃に耐えながら効果的な攻撃を仕掛ける日本は同26分、ボランチの柴崎岳からの縦パスがブロックされたこぼれ球を大迫が拾い、南野拓実がつないでペナルティーエリア内の左に流れていた堂安へ。レフティーMFは反転しながら左足を振り抜くと、ボールは相手DFの足に当たってゴールに吸い込まれた。そこから逃げ切りを図った日本だが、南野との交代で入った北川航也が浅い位置でボールロストしてしまいカウンターを受けると、GK権田修一がエリア内で相手を倒してPK。これを決められ1点差とされたが、その後の反撃をしのいで初勝利をつかんだ。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング