森保監督、オマーン戦“微妙判定”に見解 「レフェリーがジャッジしたもの。それが全て」

日本代表を率いる森保監督【写真:©AFC】
日本代表を率いる森保監督【写真:©AFC】

原口が倒されてPK獲得の一方、長友の手にボールが直撃するもCK判定

 日本代表は13日のアジアカップ・グループリーグ第2戦オマーン戦で1-0と辛勝し、2連勝で決勝トーナメント出場を決めた。試合ではDF長友佑都(ガラタサライ)の“ハンド疑惑”なども浮上したなか、森保一監督は判定について「レフェリーがジャッジしたもの。それが全てかなと思っている」と考えを明かした。

 初戦のトルクメニスタン戦で3-2と接戦を演じた日本は、続くオマーン戦でも苦戦を強いられた。チャンスを逃し続けたなか、MF原口元気(ハノーファー)が倒されてPKを獲得。オマーンの選手たちはノーファウルを主張するも判定は覆らず、原口がこれを沈めて先制ゴールを奪った。

 一方、前半終了間際に攻め込まれた日本はクロスを上げられると、こぼれ球のシュートを長友がブロック。ボールは長友の左手を直撃するも、主審はCKを指示した。当然、オマーンの選手たちはPKを主張したが、判定は変わらなかった。結局、原口の一撃が決勝弾となり、日本が1-0で逃げ切っている。

 オマーン戦後、主審の判定について問われた森保監督は「レフェリーがジャッジしたもの。それが全てかなと思っている」と言及し、さらに次のように続けた。

「試合の結果は、我々が得たPKを決めて1-0で勝利したということになった。結果だけでなく、日本とオマーンが良いフットボールをした内容の部分で、監督として両チームの選手たちを称えたい」

 判定に助けられた面もあったなか、指揮官は「優勝するのには泥臭い勝ち方も大事。全ての試合が難しく、厳しいものになると覚悟している」とアジアで勝ち抜く厳しさを強調している。

「今日の試合で、この先も厳しい試合になることを学んで帰る」

 17日の第3戦では、ここまで2連勝中のウズベキスタンと対戦する。メンバーの入れ替えも考えられるなか、森保監督はどのような決断を下すのだろうか。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング