長友、決死の“左腕ブロック”でピンチ回避 激昂したオマーンは主審に詰め寄りハンド主張

日本代表DF長友佑都【写真:AP】
日本代表DF長友佑都【写真:AP】

前半終了間際、MFアルヤハヤエイのシュートに飛び込んでなんとか失点を回避

 DF長友佑都(ガラタサライ)の決死のブロックに、ハンドの判定は下らなかった。13日に行われたアジアカップグループリーグ第2戦オマーン戦の前半終了間際に同点のピンチを迎えたが、命拾いした。

 試合は前半28分、MF原口元気(ハノーファー)がペナルティーエリア内ぎりぎりの位置で倒されてPKを得て、原口が決めて1-0と先制に成功した。しかし前半44分に日本は自陣に押し込まれ、最後はMFサラー・アルヤハヤエイがフリーとなってシュートを打った。シュートは枠を捉えていたかに見えたが、長友がブロックに入った。

 しかし、このブロックの際に左腕に当たったような形となり、そのままゴールラインを割った。これに対して主審の判定はPKではなくコーナーキックの判定に。これにオマーンイレブンは激高し、主審の元に血相を変えて詰め寄ったものの判定は覆らなかった。

 今大会はVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)は準々決勝以降から導入されるレギュレーションとなっている。森保一監督率いるチームとしては命拾いした形かもしれない。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング